学名 Bipalium vagum


体長 40〜70mm
英国領バミューダ島原産の外来コウガイビルで海岸林から山地の林内まで見つかるようになった。頭部と胴体の境にはやや太めの黒帯があり、体背面は一本の細い黒帯が走る。体表は粘ついており、衝撃を受けると粘液を出す。 肉食性で夜間活動しカタツムリなどの陸生巻貝を好み、ニューギニアヤリガタウズムシと同じく沖縄固有の種に大打撃を与えている。こちらは未だほとんど認知されておらず、対策は急務必須である。