オカガニ

甲長 12cm
海岸林や河川沿い穴を掘り生活している。 夜行性で木の実や落ち葉、小さな生物を食べる。夏の大潮の満潮時に雌は海へ下り、波打ち際で放卵する。 放たれた卵は幼生であるゾエアになり、さらに成長するとメガロパとなる。メガロパはやがて脱皮して子ガニとなり上陸。