カタミズタマ


サンゴ礁の浅場や干潟の藻場などでやや稀に見られる緑藻類の1種で3cmほどの高さになる。円柱状で先端は赤みを帯びる。転石の上に群生する。沖縄での自生地は限られており、埋め立て等の開発の影響で減少している。