コウキヤガラ

低地の水田でやや稀に見られるカヤツリグサ科の多年草。地下茎から3稜形の稈を出し、高さ40〜80cmほどになる。 稈は葉鞘に包まれており、葉は線形で細身、葉縁はざらつき長さ30〜50cmになる。花期は冬〜夏で、花茎の先に苞葉を2〜3枚つけ、無柄または柄のある小穂をつける。 稲刈りが終わり田植えが始まるまでの休耕中に見られることが多い。