クサシャジクモ


低地の水田や用水路、日当たりのよい湿地でやや稀に見られる車軸藻類。全長10〜30?程度で主軸と小枝の両方に皮層があり小枝の先端のみ皮層を欠く。 主軸の皮層は2列性で小球状の棘細胞のある一次列とその間の二次列からなる。雌雄同株で各節に両性器をつける。よく似て、どこにでもあるシャジクモと比べると少ない。