マシカクイ


低地~山地の水辺で極々稀に見られる多年生の湿生植物。
地上茎は束生し、高さ30~60cm、密集地では長さ140cmにも達する。茎は直径1~2mmで4稜がある。 冬季以外はほぼ開花し6~15mm程度の小穂が茎の先端に1個つく。柱頭は3岐し痩果は倒卵形で長さ1.2~1.8mm。刺針は6個で柱基とほぼ同長で逆向する小刺針がつく。 時に小穂よりクローン株を生じることもある。 県内では沖縄島のみに分布し非常に珍しく分布も局所的である。また、茎の4稜は内地のに比べてそこまで強くないようである。