スイシャホシクサ


低山地の湿地でごく稀に見られるホシクサ科の1年草。 葉は線形で長さ3〜10cm、幅3〜6mm、7〜9脈がありロゼット状に広がる。冬季以外はほぼ周年にわたって花茎を出し頭花は扁球形で高さ3〜17cmになる。 花茎は最低でも3巻きはねじれる。種子繁殖と分裂による栄養繁殖を行い増える。八重山ではまだ割と多いが沖縄本島ではとても少ない。