アオノクマタケラン


低山地の林内で見られる。高さ1~1.5mほどになる。葉は大きく光沢がある。夏に白い花を咲かせ、実は球形で熟すると赤くなる。 写真ではハチの背中に白い粉が付いていいるがハチの背面まで突き出た雄しべがハチの背中に花粉をつけることで、おしべの先端にある白く小さいめしべに受粉させやすくなっている。
おしべ⇒ハチの背中⇒先っちょのめしべ⇒ハイッ!受粉完了