リュウキュウハンゲ

畑地や庭園、公園など日当たりのよいところで見られる小型の多年草。葉はやじりの形で葉柄は細長い。 4~8月ごろまで暗紫紅色の花をつける。リュウキュウハンゲという名は琉球で見られるハンゲ(カラスビシャク)という意味で根や葉に毒があり、本来のハンゲと違って食べられぬこと、畑地で簡単に増えることから雑草扱いされている。