リュウキュウヨモギ

海岸の砂地や河口の草原などに生えるキク科の多年草。 茎の下部は木質化し、匍匐しながら枝分かれし高さ30~50cmほどになる。葉は2回羽状複葉で線形、先端はやや尖る。花期は6~10月で頭花は球状、径2~3mmほど。 沖縄では「ハママーチ」と呼ばれ古くから食用にされたり、干して茶にする、ウサギの餌にするなど様々な用途がある、あんまし美味しくはないが。